肩こりの原因に合った施術

辛い肩こり、首と肩が重い、痛い。
肩こりに悩む女性は少なくありません。
他の整体、マッサージでも解消しない慢性的で酷い肩こりの方は、ヒロ整体院の施術をお試しください。

ソフトで気持ちいい施術で骨盤、背骨を整えてから、肩こりの原因にアプローチするので、肩が軽くなり体が楽になるのを実感できるでしょう。

肩こりと言えば、単に肩が硬く凝っているだけと思うでしょうが、肩こりの原因は肩や首や背中の筋肉の張りと凝りだけではありません。
それは原因でなく結果なのです。

当院の肩こりを楽にする施術では、肩こりの原因を知り、それを解決するために有効な手技を選び施術するのでいい結果が出るのです。
「肩から重荷を下ろしたみたい!」
「肩を意識しないで済む!」
「肩が楽になり息が深く吸える」などの感想を頂いています。

ヒロ整体の肩こり改善の特徴

●まず、骨盤と背骨と肋骨の歪みを解消します。
これによって、体にかかっている無駄で負担の多い骨格と筋肉の状態を解消します。
●肩こりの方は、首も凝っているので、頚椎の矯正をします。ズレて固まっている頚椎の動きを良くすると、首が柔らかくなり後頭部から背中まで覆っている僧帽筋がゆるみ肩が軽くなります
●内臓の不調がある人の場合は、それから内臓の調整をします。上記の筋肉の調整だけでは解消しないしつこい肩こりの場合、内臓の疲れが原因のことがあります。
内臓調整の整体で肝臓などの疲れを解消すると、体全体が軽く感じられるようになります。
●それでも残っている肩周辺の張りと凝りがある場合、肩だけなく、背中全体と首、腕のコリをほぐす手技を施します。
肩だけマッサージしても、肩こりが一時的に楽になるだけだからです。
深部の肩のコリがある場合、しこりを見つけてそれを解消したり筋膜にもアプローチします。

肩コリ解消には自信があります。他で治らない肩こりでも、あきらめずに、ヒロ整体院に来てみてください。お待ちしています。

肩こりの原因

肩コリの原因は大きく分けて3つあります。

(1)前かがみ、下向きの姿勢が原因で背中の筋肉が張っているもの。

(2)内臓、特に消化器の疲れが原因で背中が張り、肩まで来ているもの。

(3)目の使い過ぎやストレスが原因で首の凝りが肩まで達しているもの。

悪い姿勢が原因の肩こり

肩こりの原因で多いのは、無理な姿勢、体に負担の大きい姿勢です。
具体的には、

●背中を丸めた姿勢。

●顔を下に向けているうつむく姿勢。

●机の椅子の高さが合ってない。

●パソコンモニターの高さが合ってない等です。

首と肩、背中、腕を支える筋肉が弱いと、6キロ前後もある重たい頭を支えなかればならない肩は凝ってきます。
うつむき加減の姿勢や猫背だと、頭が体の中心より前に出るので、余計な力が首と肩、背中、腰にかかり、肩こりだけでなく、首痛や腰痛、背中痛の原因にもなります。

肩関節や頚椎(首の骨)、胸椎(胸の部分の背骨)がずれていても、首や肩が凝ってきます。

筋力不足も肩こりの原因に

肩コリの原因のひとつは、筋力不足です。
男性より女性に肩こりが多いのは、筋力の差があります。
首と胸、肩から背中の筋肉を鍛えると、凝りにくくなります。

下を向く姿勢が癖になっている人も肩や首が凝ります。5~6キロもある頭を前に傾けていれば、それを支えるために首と肩と背中の筋肉は緊張しっぱなしになります。
これで肩こりにならないほうが不思議です。
よほど首肩の筋力があれば別ですが、下向きの姿勢が習慣になっていれば、肩が凝るのは当然です。

地面を見ながら歩く人を多く見かけますが、道を歩いているときは、地平線を見るようにしましょう。
目線の高さの延長線上、一番遠い所を見て歩くことです。スマホの見すぎも下を向く姿勢になるので要注意です。

目の使い過ぎが原因の肩こり

眼精疲労(疲れ目)が肩こりの原因になっている場合も、パソコンやスマホが普及してから増えています。
パソコンやスマホのモニターを長時間見続けていたり、眼鏡やコンタクトレンズが合わないと、目が疲れてきて慢性化し眼精疲労を起します。

ストレスが原因の肩こり

継続的に精神的ストレスがかかった状態でも、肩が凝ってきます。悩み、不安、怒りを抱えていると肩が張り、凝ってきます。
その状態が続いてうつ状態になると、さらに肩や首、背中まで硬く張ってきます。

内臓の疲れ不調が原因の肩こり

内臓(特に消化器)の疲れや病気が原因の肩こり。肝臓や胃、膵臓などが疲れてくると、肩が張ってきて硬く凝ってきます。

女性の場合は、生理時の不調、子宮筋腫、子宮内膜症など生殖器の異常で肩こりが起きることがあります。

更年期障害の方で肩こりの女性は少なくないようです。
食べすぎも肩こりの原因になります。
消化器に負担がかかり機能低下を起こすからです。

腋の下の背中側の水かきみたいな筋肉をつまんでみて、厚ぼったくなっていてつまむと痛むようなら食べすぎです。
左側が厚ぼったいのは、量の食べすぎ。
右側なら栄養の取りすぎです。
食べ過ぎで消化器が疲れてくると肩が凝るわけは、消化器と関連する背骨(胸椎6番~9番)の辺りの筋肉(僧帽筋など)が緊張してくるからです。
僧帽筋は肩まで覆っているので、肩こりが発生するわけです。

消化器(内蔵)の疲れが原因の肩コリは、マッサージや指圧で揉んだり押したりしても、一時的に緩むだけです。
マッサージなどで筋肉を強く刺激すると、筋肉は抵抗しますし、毛細血管が内出血するので、逆に肩こりが酷くなることもあります。

当院の内臓調整法で消化器の疲れを取れば、肩こりも緩和しますし背中の緊張(張り)も取れます。背中が張って、背骨が固まった状態では、熟睡できません。

血流の悪化が原因の肩こり

冷え性で上半身の血流が悪い、運動不足で血流が滞っているのが原因の肩こり。
女性の場合、ブラジャーなど下着がきつく血流を阻害して起こる肩こり。
イヤリング(ピアス)やネックレスなどが体を緊張させ血流の悪化をまねき肩こりの原因になっていることも。
歯の噛みあわせが悪かったり、噛み締め癖があって顎関節症の方も肩こりになります。

肩を構成する主な筋肉と筋膜

肩を構成する主な筋肉は、小菱形筋、大菱形筋、肩甲挙筋、僧帽筋です。
肩こりに最も関係が深い筋肉は肩甲拳筋僧帽筋です。

肩甲拳筋は腕を持ち上げる等の役割を担い、僧帽筋は頭を一定角度に保ったり、胴体を固定する筋肉です。
これらの筋肉は、周辺の筋肉とつながっている事から肩から背中にかけて広範囲のこりに影響を与えます。

血流を改善して、これらの筋肉がゆるめば、肩は楽になります。
三角筋は、肩から上腕まで覆っているので、上腕(肘から肩まで)を緩めないと、肩はスッキリと軽くはなりません。

パソコン作業など目を酷使し細かい作業が多い現代では、上記の肩・首・背中の表面の筋肉の凝りだけ緩めても、肩こりはすぐに戻ってきます。

筋肉は筋膜という薄い半透明の膜に包まれています。筋肉と筋膜は互いにスライドして自由に動くことができますが、同じ姿勢や細かい作業を長時間続けていると、筋膜が筋肉に癒着してしまいます。
すると筋肉が自由に動かせなくなってきます。
その結果、周囲にある血管の弾力性が落ち(動きが鈍り)血流が滞ると、そこに発痛物質や老廃物が蓄積していきます。
これが筋肉の深部に起こることで、肩こりを慢性化・重症化していきます。

当院では、筋膜への施術も行っています。


酷い肩こりの高校生の施術例

まだ高校生だというのに、中学生の頃から4年間も酷い肩こりで悩んでいる少年が通院していたことがあります。
肩こりが辛くて授業にも集中できず、熟睡もできないということでした。

彼が入って来たとき、ひと目見て、姿勢が悪いと感じました。
背中を丸めて、肩をすぼめ、疲れたような無気力な印象です。

接骨院やマッサージなどに通っているが、施術直後は多少楽になるものの、翌朝にはもう元に戻ってしまうだけとのことです。
自分の肩こりはもう治らないのでは?と思い込んでいるようで、ダメもとで当院に来たような感じでした。

確かに背中、脊椎の両側が硬い肉片を貼り付けたように膨らんでいて、 首筋も固のです。仰向けの状態だと、両足も力ない感じで開き、だらんとしていて、あまりいい体調とはいえません。

体は冷たく、硬い印象で。平熱は35度台後半。 まだ10台半ばだというのに、恐ろしく低いのです。

1回目の施術の翌日から、脚が軽くなったと言いました。

2回目の施術では、背中が軽くなったと言いました。

3回目の施術では、肩が軽くなってきたと言いました。

4回目の施術前には、肩がまた辛くなったと言ってましたが、施術後では返事がはっきりしないものの、どうやら肩のコリと重さ、首のコリが感じられないような様子で、ちょっと変な、不可解な表情をしてました。
長年の肩こりで、肩が気にならない状態というのが、わからないし、また、重くなるのではと不安があるということのようです。

肩の重さ、コリは、体を横にすると、かなり軽くなると言ってましたが、 このことからわかるのは、前かがみの姿勢が肩こりを引き起こしているということです。

体温が低いのは、血行が悪いということです。
代謝機能も低下しているので、老廃物がスムーズに排出されてなく、 筋肉細胞に溜まっているのだと思います。

背中をまるめて肩をすぼめていれば、脳への血行が悪くなり、呼吸も浅くなり、 頭がすっきりせず、勉強する気にならないというのも、当然のことです。

自己療法として勧めたのは、まず、

●姿勢を変えること

●足湯をすること
●ストレッチをすること

姿勢は難しそうと言ってましたが、足湯はやり始めたようです。
施術で改善しても、数日で戻るというのは、姿勢など根本原因が解決してないからだと思います。

私は、お客さまを同じ症状で良くなったり戻ったりする繰り返しでは、通わせたくないと思っています。
1回でも少ない回数で、健康回復して欲しいと思っているのです。
そのためには、お客さま自身が生活習慣や考え方を変える必要があります。
施術は、整体師とお客さまの共同作業なのです。

 必要ないのに下を見ない

大人の頭の重さは約6キログラム。ボーリングのボールと同じくらいです。
この重たい頭を支えているだけでなく、頭を前後左右回転と自由に動かしている首ですから、頭を下に向けてたり無理な動かし方すれば、首の調子が悪くならない方が不思議です。

首痛や肩こり、背中の上部の張りや痛みに悩んでいる人は、何気なく立っているときでも、やや下を向いていたり、猫背で背中が丸まっていたすることが多いです。

それと多いのは、枕が高すぎたり、柔らかすぎて睡眠中の頭が不安定だったり、逆に低すぎる場合もあります。
朝起きて、首や肩が凝っていたり痛かったしたら、枕が合ってない可能性があります。

パソコンを長時間使うのも、首を傷める原因です。集中すると1時間2時間とパソコンを見続け操作し続けることがありますが、これは目だけでなく首や肩にも相当な負担になります。
理想的には15分パソコンを使ったら30秒程度は目を休ませ、椅子から立ち上がって体をほぐすと疲れ方が軽くなるはずです。

首をグルグル360度大きく回すのも頚椎(首の骨)や筋肉に余計な負担をかけることになるので、やらない方がいいです。
頚椎は360廻るようにはできていませんし、首を支え動かす筋肉も360度回すことに対応する構造にはなっていないからです。

肩こりは揉まないで!肩コリはもむと酷くなります!

肩こりというと、肩を揉めばいいと思っている人が多いです。
来院されるお客さまの中にも、肩こりはもちろん、腰や足の痛みやしびれなども、揉めばよくなると思って、せっせと揉んでいる人がいます。

それと多いのが、湿布(冷湿布)です。 サロンパスなどです。
貼るタイプのものやスプレー式のものです。
冷湿布でも一時的には痛みは解消されることもありますが、 湿布は体を冷やし、血行を悪くするので、 感覚が麻痺して痛みが消えたように感じるだけです。

肩こりは血行が悪いのが主な原因ですから、温めて血行を良くすることは改善につながりますが、 冷やすことは、一時しのぎ以上の効果はないと思った方がいいです。

それより、かるく撫でたりさすったりして血行を促進し 筋繊維の乱れを整えてやる方がいいです。
強く揉んだりしたら、毛細血管が切れてしまいます。 それでますますコリは酷くなり、固くなっていきます。

肩こりの種類

肩こりには二種類あります。 「虚血性」と「充血性」です。

心臓から押し出された血液は、まず脳に行きます。
脳は最もエネルギー消費量が多い器官だからです。
だからエネルギーを運搬する役目を持つ血液は、真っ先に脳に向かうのです。
その後で、右の血管から全身へと血液は供給されていく仕組みになっています。

●左の肩がコッているときは、脳へつながる左の血液が流れが滞っています。
右の肩がコッてるときは、脳から全身へとつながる血液の流れが滞っています。

●「虚血性」の肩こり(左側)は、心臓からの血液が登りにくくなっていて、貧血や低血圧、顔色が悪い(青ざめている)、不安感を持ちやすい、走ると青ざめるなどの症状があります。

●「充血性」の肩こり(右側)は、脳からの血液が体に下がりにくくなっています。
症状としては、高血圧、赤ら顔、頭が暑いが手足は冷えている、走ると顔が赤くなるなどです。

どちらにしても、血液の循環が悪いということです。

血液の循環がスムーズだと、寝つきが良くなります。ぐっすり眠れます。
熟睡できるようになると、自然に肩こりも治っていくので、肩こりの人は、眠りの質もチェックしてみるといいと思います。

このように肩こりといっても、原因は血液循環と深く関わっていて、睡眠の質も左右しています。
たかが肩こりと放っておくと、病気の原因につながることもあります。

肩こりを甘くみず、適切に対処し、改善しておきましょう!

要注意の肩こり

肩こりの中には、姿勢の悪さや体の使い方が良くないために起こる単なる筋肉疲労でないものもあります。

●心臓の不調が原因の肩こり(心筋梗塞など)

●左側の肩や背中(肩甲骨周辺)が凝る、同時に、左側の胸に漠然とした痛みを感じる。
●胸や首が締め付けられるような感じがする。
●左手の小指が痛んだり、重だるくなることがある。

このような症状が何ヶ月も続いていたら、心臓が疲れて機能低下を起していたり、心臓の病気が進行している可能性があります。

●凝ってる肩をもみほぐしても凝りが緩和しない、肩や腕を動かさなくても、重だるさや痛みがある。
●体位を変えると痛む、楽な体位がないなどの症状が何ヶ月、何年も続いてる。
そんな方は、病院を受診しましょう。心筋梗塞や狭心症が隠れて進行しているケースもあります。

●呼吸器の不調が原因の肩こり(肺がんなど)

●肩や首の痛み、背中の上部の痛みが長期間続いている。
●寝ても(横になっても)痛みがある。
そんな場合、呼吸器に問題があるケースがあります。

僕の父は肺がんで亡くなりましたが、風邪でもないのに咳が出て、しばらくすると背中が痛むと訴えました。
肺がんの初期症状のひとつに、肩こりがあるそうです。
肺尖部とよばれる肺の頂上にできるタイプの肺ガンは、肩こりや腕の痛みが初期症状の一つだそうです。

●消化器の不調(肝臓や胃の病気や機能低下)

右肩の凝りがあり、マッサージなどでも解消しない場合、肝臓や胆のうの不調、疲れが原因の場合があります。
ひどい肩こりの原因が胃炎や胃潰瘍だったということもあるようです。

●高血圧が原因の肩こり

高血圧の人で肩こりの人は多いようです。肩こり→交感神経が優位になる→筋肉が緊張し血管が圧迫されて高血圧になるというケースです。

この場合は、肩こりが解消すれば、血圧も下がることが多いです。

糖尿病(高血糖)が原因の肩こり

高血糖になると血液の粘り気が強まり、血流が悪化します。 そのため、首から肩・背中にかけて、パンパンに張ることがあります。

この場合は、血液中の血糖値を下げないと、肩、背中の凝り、張りは解消しません。

首の不具合が原因の肩こり(頚椎のズレや頚椎のヘルニアなど)

首を動かすと痛む、動かしづらい方向があり、痛みもある場合、肩も凝っています。首肩だけでなく、上腕や肩甲骨のあたりにも痛みや痺れがあるケースもありまs。

それに伴う症状としては、頭痛やめまい、視力低下、頭がボーっとするなどがあります。

脳梗塞の前兆としての肩こり

前触れもなく頭痛や肩こりが起こったり、顔や唇がしびれる、めまいや耳鳴りがする、手足がしびれる場合は要注意です。
脳梗塞の前兆症状である場合がありますので、医療機関を受診しましょう。

上記の原因の肩こりでも、当院の内臓調整や頚椎、脊椎の矯正で改善、解消するケースはありますが、症状が長期間続いていたり、症状が強い場合は、念のために病院を受診されたほうがいいと思います。

肩こりを自分で解消する方法

姿勢が原因の肩こりに特に有効な解消法は、背中を丸めて下を向いた姿勢(猫背)を改善することです。
骨盤を立てて背筋を伸ばし視線を真っ直ぐ前に向けるだけで、前方に出た頭が体の中心部に戻り、首、肩、背中、腰が楽になります。

また、腕を脱力した状態で、肩甲骨を前回し、後ろ回ししてから、頭の方に肩甲骨を引き上げて、3呼吸くらい間をおいてから、一気に脱力することを何度か繰り返すだけでも、首と肩は楽になります。

肩が凝っているときは、たいてい腕の筋肉や手首が硬くなっています。手首をストレッチしたり、腕の筋肉を軽くさすってゆるめてやると、肩も軽くなります。

精神的ストレスを感じているときは、深呼吸をしましょう。吸うとき4つ数えたら呼吸を止めて7つ数えます。吐き出すときは8つ数えましょう。これを5回ほど繰り返すと、心が落ち着き、首肩も軽く感じられてきます。

冷え性や血流が悪くて肩こりの人は、足湯がお勧めです。